深大寺土鈴

土鈴
土鈴は元々魔除けとして作られていたと言われています。社寺の授与鈴として全国に多くあるのもそのためだと思われます。
ただ、粘土を空洞にして中に玉を入れるというとても単純な構造ですので、有史以前から簡単な玩具として存在していたのではないかとも言われます。
当店の土鈴も素焼きの生地に絵付けをしただけの素朴なもので創業当時から製法は変わらず一つ一つ手作りで制作しております。
干支をデザインした干支土鈴をはじめ、だるま土鈴、万葉土鈴など、創業以来種類も増え続け、今では100種類以上、店頭では常時1000個以上の土鈴が販売されております。ここではそのほんの一部をご紹介いたします。
ネット販売は現在行っていませんが、
ご連絡いただければ対応致します。
℡042-483-7441
jindaijigama@gmail.com

干支土鈴

ねずみ土鈴
ねずみ土鈴
ねずみ土鈴
丑土鈴
丑土鈴
丑土鈴特集
寅土鈴
寅土鈴
寅土鈴特集
卯土鈴
卯土鈴
卯土鈴特集
辰土鈴
辰土鈴
辰土鈴特集
巳土鈴
巳土鈴
巳土鈴特集
午土鈴
午土鈴
午土鈴特集
未土鈴
未土鈴
未土鈴特集
申土鈴
申土鈴
申土鈴特集
酉土鈴
酉土鈴
酉土鈴特集
戌土鈴
戌土鈴
戌土鈴特集
亥土鈴
亥土鈴
亥土鈴特集

万葉土鈴

MN101万葉土鈴
MN101万葉土鈴
MN101万葉土鈴
MN102万葉土鈴
MN102万葉土鈴
MN102万葉土鈴
MN103万葉土鈴
MN103万葉土鈴
MN103万葉土鈴
MN104万葉土鈴
MN104万葉土鈴
MN104万葉土鈴
MN105万葉土鈴
MN105万葉土鈴
MN105万葉土鈴
MN106万葉土鈴
MN106万葉土鈴
MN106万葉土鈴
MN201万葉土鈴
MN201万葉土鈴
MN201万葉土鈴
MN202万葉土鈴
MN202万葉土鈴
MN202万葉土鈴
MN301花小鈴
MN301花小鈴
MN301花小鈴
MN302花小鈴
MN302花小鈴
MN302花小鈴
MN303花小鈴
MN303花小鈴
MN303花小鈴
寅土鈴
寅土鈴
寅土鈴特集

雛人形土鈴

HN101雛人形絵鈴
HN101雛人形絵鈴
HN101雛人形絵鈴
HN102雛人形絵鈴
HN102雛人形絵鈴
HN102雛人形絵鈴
HN201雛人形絵鈴
HN201雛人形絵鈴
HN201雛人形絵鈴
HN202雛人形絵鈴
HN202雛人形絵鈴
HN202雛人形絵鈴
HN301雛人形鈴
HN301雛人形鈴
HN301雛人形鈴
HN401雛人形鈴
HN401雛人形鈴
HN401雛人形鈴

だるま土鈴

DR101達磨(赤)
DR101達磨(赤)
DR101達磨(赤)
DR102達磨(金)
DR102達磨(金)
DR102達磨(金)
DR103達磨(白)
DR103達磨(白)
DR103達磨(白)
DR201紅白達磨
DR201紅白達磨
DR201紅白達磨
DR201七福(赤)
DR201七福(赤)
DR201七福(赤)

その他の土鈴

ON101鬼土鈴(赤)
ON101鬼土鈴(赤)
ON101鬼土鈴(赤)
ON101鬼土鈴(青)
ON101鬼土鈴(青)
ON101鬼土鈴(青)
ON101鬼土鈴(緑)
ON101鬼土鈴(緑)
ON101鬼土鈴(緑)
KK101蛙土鈴
KK101蛙土鈴
KK101蛙土鈴
KK201亀土鈴
KK201亀土鈴
KK201亀土鈴
IP101小梅鈴
IP101小梅鈴
IP101小梅鈴
IP102ねこ土鈴
IP102ねこ土鈴
IP102ねこ土鈴
IP103招猫土鈴
IP103招猫土鈴
IP103招猫土鈴
IP104河童土鈴
IP104河童土鈴
IP104河童土鈴
IP105庵鈴
IP105庵鈴
IP105庵鈴
IP106ふくろう鈴
IP106ふくろう鈴
IP106ふくろう鈴
IP107狸土鈴
IP107狸土鈴
IP107狸土鈴
IP108カボチャ鈴
IP108カボチャ鈴
IP108カボチャ鈴

特別な土鈴

SP101勇くん
SP101勇くん
SP101勇くん
SP102勇くん
SP102勇くん
SP102勇くん
SP103侍ブルー
SP103侍ブルー
SP103侍ブルー
SP104サウジ土鈴
SP104サウジ土鈴
SP104サウジ土鈴
SP105サウジ土鈴
SP105サウジ土鈴
SP105サウジ土鈴

らくやき製品の注意事項

らくやきは通常の焼き物に比べ強度が劣ります丁寧にお使いください。
食器には水止め加工を行っております。受け取り後2日間は使用せず、よく乾燥させてください。
(長時間液体を入れると水が染み出してくることがあります。)
花器には花器用水止め加工を施してあります。(食器には使えません)
電子レンジ、直火はお避けください。
洗うときは食洗機は避け、やわらかいスポンジ等を使いほかの食器にぶつけないようにしてください。
カビ防止のためよく乾燥させてからご収納ください。
毎日使うような食器は本焼きをおすすめいたします。
そのほかご不明な点はお問い合わせください。